9つの雲の上で(be on cloud nine)・・・9番目の雲(最上層の雲)の上にいることに由来する「とても幸福になる」ことを意味します。私たちの活動が、出逢う人の本質的な幸せに繋がるよう祈りをこめて。


by cloudnine_9

カテゴリ:◆エニアグラムプロフィール( 1 )

代表 Naoko Fukuchi
●東京都出身、現在横浜市青葉区在住。女性一級建築士として、多数の注文住宅の設計を手掛けている。現在リクルート社の「神奈川で家を建てる」「東京で家を建てる」という季刊誌にも写真が掲載中。女性の視点からの設計は機能性、デザイン性、共に好評。 日本エニアグラム学会認定アドバイザー。
『エニアグラムを国際コミュニオン学会と日本エニアグラム学会で8年勉強し、多数の方から多くの学びを得ることが出来、仕事にもプライベートにも活用している中で、自分や他者を観察して分類し、綺麗に体系付けることが可能な、こんなに素晴らしい人間分析の手法を世の中に伝えないでいるのは罪なことではないか、と思い、友人である大角さんと共にワークショップを主催して、エニアグラムを広める努力をしているところです。学べば学ぶ程深くなって行き、終わりのない旅をしているようなものですが、自分や他者のエニアグラム的捉え方のコツを習得したことで、益々面白くなり、自分の人生にとって必要不可欠なものとなりました。エニアグラムなしで、人間を語ることが出来ません。性格はタイプ別に見て行くことで、絶対的なものと捉えることが出来ますが、性格を外から見比べた時には、どうしても相対的な見方となってしまいます。例えば、あの人は怒りっぽいという見方は、自分と比べての判断であり、自分の怒りっぽさも他者との判断から得たものであることが多いのです。それゆえに判断が曖昧で自分のフィルターを通して見る為に偏った判断をしていると言えます。例えば黄色のフィルターを通して赤色を見ると橙色に見えるし、青色を見ると緑色に見えるというように、見る側の主観の基に物事を捉えると正しいものの見方が出来ないことになります。ほとんど全ての人が主観的にものごとを捉えているのに、それに気づかないで自分のやり方を通そうとしてしまうがゆえに、人間関係がややこしいものになるのです。エニアグラムを学ぶことは、正に色メガネをかけない、クリアで真実の目を育てるのに役立つものであると確信しています。』

スタッフ Megumi Ohsumi
音楽、映画、ファッション、人間をこよなく愛する。繊細さと大胆さが入り混じった微妙なパーソナリティーが持ち味。アレルギーに苦しんで代替医療に興味を持ちバッチフラワーに出会う。人間関係の複雑さをエニアグラムによって解明され目から鱗。


[PR]
by cloudnine_9 | 2006-10-10 03:43 | ◆エニアグラムプロフィール